ウェディングケーキの選び方|式を彩るスイーツ

決まりが沢山ある

カップル

きちんとすることが大事

結婚した時には沢山の方からお祝いを頂くことになるでしょう。結婚式をした人達の場合は、式に招待し参加した人から結婚祝いを頂いた時には基本的にはお返しは必要ありません。式に参加して頂いた時におもてなしした料理や、引き出物等がお返しの品になります。ただし式に参加した人の中でも結婚祝いを多く包まれる人もいます。その場合は後日内祝いを贈ることになります。結婚式に招待したが参加出来なかった人や招待することが出来なかった人達から結婚祝いを頂くことがあります。その場合も内祝いを贈ることになります。お返しを贈る場合は、頂いた日から1ヶ月以内に贈るマナーです。結婚式の前に頂く場合は先にお礼をし、後日お返しを贈ります。この場合は1ヶ月以内に贈らなくても大丈夫です。結婚祝いのお返しの相場は頂いた金額の三分の一から二分の一だと言われています。そして贈る物はその人に合った物を贈る必要があります。最近では贈る物に悩む必要がないようにカタログギフトを贈り、相手に欲しい物を選んで頂くという方法をとられている人が多いです。高額な結婚祝いを頂いた場合は、お返しするのはとても大変です。その場合にはお返しだけでなく新婚旅行のお土産も渡すという方法もあります。そして贈る品には必ずのしをつけます。のしを付けて贈ることによって結婚祝いのお返しということがわかります。結婚祝いのお返しするには様々な決まりがあります。しかしそれらをきちんと確認し決まりを守ることで、相手に喜んでもらえる物を贈ることが出来るでしょう。